ginzafukamizu.jp

増上寺 『三解脱門』

これが噂の 『三解脱門』でしたか!

展望台に人が見えます。

数分後には私もあそこにいるのかと思うと
胸がトキメキます。

 増上寺 の『三解脱門』は
戦後初の一般公開で、
なんと今日が最終日。

仕事が終わって
御成門に着いたのが3時10分。

チケットの販売締め切りが3時30分なので、
小走りで向かいました。

門をくぐると、右側に行列が。

並ぶのは覚悟の上です。

展望台へはこの階段を上がっていきます。


2つ目の階段、
いや、はしごを
ロッククライミング状態で登りました。
ほぼ90度‼

私の靴はなんと茶のブーツ。

TPOをわきまえていませんでした。

展望台は広々としていて、
窓からの見晴らしは最高っ!^^!

高層の建築物がなかった江戸時代は、
いまのJR浜松町の駅の先にあった
海が見えたそうです。

三解脱門楼上には、
中央に釈迦三尊像、その左右に八躯ずつ羅漢像が
安置されています。

しげしげと眺めていると、
解説アナウンスが流れてきました。

『三解脱門』とは、
むさぼり(貪欲・とんよく)、いかり(瞋恚・しんに)、おろかさ(愚癡)
三つの毒から離れ、
極楽浄土に入る心をつくるための門だそうです。

増上寺はロケーション最高。

三つの毒を落としてから、本堂を参拝しました。


ほどなく
東京タワーがライトアップされてきました。

せっかくなので東京タワーの中へ。

タワーを出る頃には陽も落ちて、
ライトアップとイルミネーションが美しく輝いていました。

今日は『三解脱門』で三つの毒を落とし、
三解脱門、紅葉、東京タワーのイルミネーションと
三つのご利益を得ることができました。

 

コメントを残す